• HOME
  • >  おっちゃんの「日々こもごも」
文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「日々こもごも」

2009年4月09日

それが、何か?と言われれば。

筆者:おっちゃん 電車では、シートの途中にポールを立てたり、
一人分の凹みをつくって、
均等に座ってもらえるようなデザインが進んでいる。
マナーに変えて、デザインで、が世の中の方向。

人と人の間に仕切りとしての小さい山ができる。
当然、人は、その山を避けるように座るものだと、思っていた。

でも、今朝の電車で、この工夫をあざ笑うように座る女性がいた。
デザインで誘導するサインにも気付かず、
谷の部分にからだが納まるように座らず、
山の部分にお尻を重ねている。

居心地が悪くないのだろうか。
別にたいしたことはない、
辛抱できないほどのことはない。
気づいても、そのままにしているのだろうか。

同じ日の昼休み。
昼食をとりにでると、
ベビーカーを押しながら、
サトウキビをかじっているお母さんとすれ違った。

子ども頃の夏の日を思い出す。
なつかしさに振り返ったら、
サトウキビではなく、硬く細長いフランスパンだった。

悪い?と問い返されたら、悪いと強くは言えないけれど。
別に、と言えば、別に、なのだが。