• HOME
  • >  おっちゃんの「日々こもごも」
文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「日々こもごも」

2009年4月05日

あァあァ、アアアアっ...。

筆者:おっちゃんどうしたんだ、ゼルビア。
どうするんだ、ゼルビア。
野津田公園の満開のさくらのトンネルに迎えられて
スタジアムについた。
きょうは、やるぞ。
ホイッスルが鳴った。
すぐ、なんだ、と思った。
ゼルビアの敵じゃないぞ、刈谷は。

カウンターのチームとも言えない。
ただ前へ蹴りだすだけのチームじゃないか。
九州に比べて、寄せが速いわけではない。
ガタイもいいわけではない。
トップの足も速くない。

完全にゼルビアが押している。
今日は勝てる。
勝たなきゃいけない。
しかし、コーナーキックであっさりゴールを奪われる。
ふたりのFWが、ノーマークで飛んでやすやすと。

後半の終盤を迎えて、悪夢は続く。
さらに、カウンターで2点を加えられる。
ともに、ミスから。

故障のいえた酒井さんが、後半の半ばから
中盤に入ってくれて、攻めに落ち着きが加わったが、
最後のシュートが決まらない。
結局は、3-0で敗戦。
3試合無得点。
後半、残り10分ぐらいから、
ハーフウエイラインあたりから、
ボールをゴール前にあげるだけのサッカーになった。
ロスタイムも入れれば、15分ほどあるのに。

あれほど、ボールをキープしていながら、
攻めのカタチがないことを証明している。
もう、個人技の差で勝つことはできない。

ゼルビアは、どう変わるのか。
これからが、サポーターとしても正念場だ。