• HOME
  • >  おっちゃんの「日々こもごも」
文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「日々こもごも」

2009年3月28日

ちょっと気になる。「侍ジャパン」、アメリカの反応。

筆者:おっちゃんWBC2連覇のニュースは、まだTVで続いていますね。
韓国に勝って優勝を決めた後、
アナウンサーがすぐ、
「暗い話ばかりが多い時、
ほんとうに日本を明るくしてくれますね。」とまとめていたのは、
紋切形の極みで、笑ってしまった。

こんなコメントするから、
若い人は、誰でもアナウンサーなれると思って、道を間違ってしまうんです。

それにしても、すごいドラマ。
決勝の延長10回、イチローが二塁打で決まる。
アメリカの新聞でも
「侍ジャパン」の文字が躍ったのでしょうか。

「侍ジャパン」
決勝ラウンドは、アメリカに乗り込むのに、
わたしは、ずいぶん思いきったチーム名をつけたものだと思っていました。
アメリカで拒否感はなかったのでしょうか。
日本では、
「侍」という用語には、まったくリアリティーはなくて、
「ガッツだぜ―」などの掛け声程度の意味合いしかないけれど。
でも、中国の北京五輪なんかで、
「侍ジャパン」何かを名乗ったら、物議をかもしたでしょうね。

大塚英志さんと東浩紀さんの対談集『リアルのゆくえ』でも、
大塚さんは、
香港で見たストリートファイターⅡ海賊版で、
主人公の日本人キャラクターが着ているジャケットの背中に神武天皇を見つけて、
びっくりしたと言っていたけれど、
「神武天皇」も「侍」も、リアル感を失って、
ただの模様になってしまったのかな。

それなら、素晴らしいことかも知れない。
言葉とともに、「軍国日本」も風化してしまったということなら。