• HOME
  • >  おっちゃんの「日々こもごも」
文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「日々こもごも」

2009年2月06日

生命保険の勧誘員になった。

筆者:おっちゃん 絵本『ボクは、なんにもならない』を出版してから、
生命保険の勧誘員になったような気がする。
PRも、営業も、結局コネ頼み。
友達のよしみで、無理やりお願いするしかない。

「書評に、たのむわ」と言うのはいいが、
「買ってや」と言うのは、そのまま逆襲に合う。
「おまえ、友達や思うねんやったら、くれたら、どうや」
それもそうやけど、と詰まると、
さらに、
「どうせ、売れへんやろ。」と、止めの一発が待っている。

「そんなことないで。
読売や朝日の新聞で紹介されたら、
アマゾンでも売れてた。」と言うと、
「そんなもん、一日限り」と突き放される。

事実やから、悔しい。