• HOME
  • >  おっちゃんの「日々こもごも」
文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「日々こもごも」

2009年2月12日

袖触れ合うに、マナーはいらぬ。

筆者:おっちゃん 最近の応募者は、変わってきた。
面接の連絡をしても、ナシのつぶての人が多くなった。

名の知られていない会社の哀しさ、
昔から辞退されることにはなれている。
しかし、連絡はあった。
少なくても、こんなに多くはなかった。

逆に、熱心な人は、
熱いアプローチをしてくれる。
丁寧にレスポンスが返ってくる。
入社の意思があるのだから、当たり前と言えば、
当たり前だが、
「辞退する」人とのギャップが大きい。

「関係ある人」との関係は保つが、
「関係ない人」になれば、なんにもしない。
すなわち、マナーは不要になるのか。

いつも、秤は損得。
電車で隣り合わせた人とも、損得。
揉めない限り、カバンの角があたろうが、
息を首筋にかけようが、関係ない。

なんでもかんでも、
損得バロメーターしかないのなら、
その計算で苦しくならないか、
しんどくならないか。

おっちゃんは、逆に心配になってきた。