• HOME
  • >  おっちゃんの「日々こもごも」
文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「日々こもごも」

2009年1月18日

野津田競技場の芝生のピッチで、決勝戦や。

筆者:おっちゃん 1月18日(日)、われら南大谷キャッツのホームグランド、くらかけグランドで、MFA第二戦があった。

MFAは、町田シニアリーグのトーナメント戦。

まあ、Jリーグのナビスコカップみたいなものですな。

一試合目の鶴川イーグルス戦を、1-0で勝ちぬき、

第二戦目の小川戦に臨んだ。

 

小川は、リーグ戦で5位の強豪。

平均年齢も10歳ぐらい若いのでは。

ボールはつなぐし、足は速い。

やはり、前半は一方的に攻め込まれる。

やすやすと、2点を先取される。

おっちゃんは、ベンチで観戦しながら、

このままズルズル、

4点ぐらい取られて負けるのか、と思っていたら、

なんと、右サイドから、ダイレクト・ボレーのシュートが決まる。

がぜん、息を盛り返し、前半戦が終わる。

 

後半、おっちゃんにも出番が回ってきた。

左サイドでピッチへ。

それから、どうしたことか、

わがチームの怒涛の攻めが始まる。

またまた、逆サイドでボレー・シュートが決まる。

誰かが、「ルーニーのようだ」と叫ぶ。

行け行け。

興奮状態に突入。

なんだか、勝つかもしれない。

狙い澄ました、冷静なシュート。

GKは動けない。ただ、見送った。

決まった。

 

さらに、もう1点。

ついに、4-2で試合は終わった。

信じられん。

おっさんたちは、歓喜した。

すでに、早々と降りていたおっちゃんも、

久しぶりにベンチで飛び上がった。

 

これで、ベスト4.

次は、相原グランドで決勝戦をかけて戦う。

勝ったら、いよいよ決勝戦。

負けたら、3-4位決定戦。

 

どちらにしても、

野津田競技場の芝生のピッチに立てる。

ゼルビアの選手気分や。

まあ、おっちゃんは、5分ぐらいしか出られへんけど。

 

ピッチに入るとき、

ブラジル選手みたいに、芝生にお祈りしたろかな。