• HOME
  • >  おっちゃんの「日々こもごも」
文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「日々こもごも」

2008年12月16日

指にキッス。

筆者:おっちゃん おんなの子は、こわい。

朝の通勤電車で見た光景。
経堂から、中年夫婦が乗ってきた。
お父さんが、幼稚園児とおぼしき女の子と手をつなぎ、
お母さんが、赤ちゃんを抱いている。

下北沢駅に着き、お母さんは降りた。
その後ろを、女の子も続いた。
ホームに降り切っても、
まだ、ドア際に立って見送るお父さんの手を握ったままだった。

お父さんは、手を離すために指をひらこうとした。
すると、
女の子は、自分の方に引き寄せ、
突然、お父さんの指に唇を寄せた。
そして、お父さんの目を見つめ、にっこりほほ笑んだ。

おおっ!
女の子は、生まれた時から、「おんな」とは、ほんとだった。
男をたぶらかす術を、
こんな幼いころから磨いているのだ。

男とは、大人になるのに、
20年以上の差がありまんねんな。