• HOME
  • >  おっちゃんの「日々こもごも」
文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「日々こもごも」

2008年8月26日

天皇杯より、JFLや。がんばれ、町田ゼルビア。

筆者:おっちゃん北京オリンピック閉幕の日曜日(8月24日)、
それよりも、気になる試合が、国立西が丘競技場であった。
わが街サッカーチーム・町田ゼルビアが、
天皇杯の東京都代表を決定する「東京トーナメント」戦に出場。
敵は、学生の雄、国士館大学。


しかし、実力ではゼルビアの優位は動かない。
勝利を信じて、ホームページを見たら、
0-1で惜敗した、と報じられていた。

それも、開始1分。左サイドでボールを奪われたが、
DFも3人戻り、まったく危険な匂いはしなかった。
しかし、
「左サイドからゆるいセンタリング。
これを国士館FWが頭で合わせるかに見せて後ろにスルー。
ところがそのボールがワンバウンドしてそのままゴールへ。
ディフェンダーもキーパーも
次のプレーの予測をしていたところでまさかのゆるいボールでのスルー。
キーパーも意表をつかれ一歩も動けないままの開始1分の失点。」
それからは、一方的と言えるぐらい、町田ゼルビアが攻め立てたけれど、
結局、この失点が、命取りになった。

クソッ!クソッ!クソッ!
MF蒲原もDF山崎も、国士舘出身。
それに、関係ないけど、町田ゼルビアの社長も、国士館出身やんけ。
(激情になると、河内弁になる)

まあええ、本命は「11月の地域決勝での勝利=JFLへの昇格」の
石垣島決戦や。
今年は、絶対、行くで。石垣島へ。
(大阪弁に戻って)

町田ゼルビア・公式HPへ
http://www.zelvia.jp/index.html